キーワード 種類

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

キーワードを決めるときに抑えるべき3種類のタイプ

読了までの目安時間:約 4分

 

キーワード選定をする際にキーワードにもタイプがあるので抑えると良いでしょう

キーワード選定ツールを使用する際にも大切になってくるので覚えておきましょう

 

 

多意思語

多意思語とは一般的な言葉の事を指します。

 
「ゲーム」、「キーワード」などは汎用キーワードになります。

 

 

このようなキーワードではそれぞれ違った目的がある人達が集まりやすいキーワードになります

 

つまり、アクセス数は多くても自分がターゲットとする訪問者がくる割合が少なくなります

 

アフィリエイトで商品を売るサイトを作っていたとしたら商品の購入に繋がるというよりは、情報を調べている段階の訪問者が多いのがおおいでしょう

 

 

それに、このような一般的な多意思語は競争率が高くて検索結果による上位表示をさせることが難しいです

キーワード選定する際、このような多意思語は基本的には避けるべきですね

 

 

薄いユーザーが多いうえに、競争率が高いとあまりいいことがないです

 

 

 

 

中間意思語

 

中間意思語は、 「ゲーム ドラクエ」や「キーワード 選定」などを指し、

訪問者の目的が分かりやすく訪問者数の割合がまずまずいて、また競合率があまり高くないと狙っていけるキーワードの事をさします

 

 

多意思語に比べると上位表示を狙う事もそこまで難易度も高くなくないので、自分がターゲットとした訪問者が期待できます

 

 

 

近中意思語

 

近中意思語は、「ゲーム ドラクエ 攻略」「キーワード 選定 ツール」等3ワードや4ワード以上の単語を組み合わせて

 

 

自分がターゲットとほぼばっちり一致するキーワードの事をさします

 

 

中間意思語より検索者の意図が具体的なものになります

 

 

 

近中意思語は、より深く掘り下げているので検索数は少なくなりますが、より濃いユーザーが訪れるので常連になりやすく、商品を紹介しているなら購入する確率が高い訪問者が訪れるでしょう

 

 

 

上記のキーワードタイプはそれぞれメリット、デメリットがあります。それぞれ自分のコンテンツに応じて活用し、ウェブサイトを作っていくことが大切になりますが、少ない労力でアフィリエイトで稼ぐにはやはり中間意思語、近中意思語のキーワードでサイトを構築してくことをおすすめします

 

 

 

 

 

キーワード選定ツールを使用すれば、中間意思語、近中意思語でより検索数が多くて、競争率がが低いキーワードを探してくれるので有効活用できればいいですね

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0