キーワード選定 アフィリエイト

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

どんなキーワード選定をすればアフィリエイトで成功できるのか

読了までの目安時間:約 5分

 

 

アフィリエイトでのキーワード選定の重要性でアフィリエイトでの

 

 

 

キーワードの重要性には触れましたが、より具体的に踏み込んで解説していきたいと思います

 

 

 

 

訪問者の購入意思がが感じられるキーワード設定が大切だとは話しましたが、

 

 

じゃあ具体的にはどのようなキーワードを

 

使っていけばいいかと言うと、基本複合キーワードとして競争率がなるべく低い場所を選ぶようにします

 

 

 

 

例えば、『漫画 通販』『漫画 予約』『漫画 全巻』『漫画 購入』等などがあげられます

 

 

 

このような複合キーワードではライバルが少なくて競争率が低い場合がおおいです

 

 

 

商品にもよりますが、このような複合キーワードで簡単に上位表示ができることもあります

 

 

 

実際どの複合キーワードを使えばいいかというと、商品によって使われるキーワードが違うのです

 

 

 

極端な例で行くと、中古車買い取りサイトを作成しているなら『中古車 見積り』というキーワードは

 

 

 

かなり交わってくるでしょが、『中古車 予約』等とはほとんど使われないはずです

 

 

 

つまり、商品、サイトによって購入意思がそれぞれ違ってくるので、

 

 

 

その商品にあった複合キーワードを探しだす必要があります

 

 

 

その商品+購入意思キーワードがより月検索回数が多くて競争率が低いキーワードを狙っていくことが重要になるのです

 

 

 

 

ライバルサイトのseoが弱かったなら『漫画 通販』『漫画 予約』『漫画 全巻』『漫画 購入』など

 

 

 

複数のキーワードで上位表示を狙うのもありですね(漫画は競争率がかなり高いですが、、、)

 

 

 

マイナーな商品や販売仕立てだったりするのは狙い目になります

 

 

 

 

1ページ目が無料ブログだらけであったり、他にも独自ドメインで運営されているのものの

 

 

 

 

内容が薄いペラサイトが上位表示されている場合も大きな狙い目になります

 

 

 

 

このような作業は手作業なのでキーワード選定するのにはかなり時間が掛かると思うので私の考えとしては

 

 

 

キーワード選定になるべく時間をかけずにキーワード選定することが大切だと思っています

 

 

 

なのできちんとした判断ができなお時間短縮するにはキーワード選定ツールは不可欠になってきます

 

 

 

 

正しいキーワード選定ができたなら、なるべく時間を記事だったりそちらの方に

 

 

 

時間を費やすことが報酬アップの為に重要です

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0

アフィリエイトでのキーワード選定の重要性

読了までの目安時間:約 3分

 

アフィリエイトを実践しているならアフィリでのキーワード選定がどれだけ大事かわかっているはずです

 

 

 

あなたのキーワード選定は正しいでしょうか?

 

 

 

いくらキーワード選定ツールを使用して上位表示されやすく検索されているキーワードを発見したとしてもそれはそれは本当うにアフィリエイトに適したキーワードなのか考えてみる必要があります

 

 

 

例えば、漫画のアフィリエイトサイトを作成しようとする場合、

 

『漫画 無料』で上位表示して訪問者が来たとしても、それは狙っているキーワードとしては間違いです

 

 

 

確かに、アクセス数を稼ぐきっかけとしていいかもしれませんが、

 

訪問者はそのサイトを訪れる際、無料で漫画を読みたいと意思が読み取れるので

 

漫画本をお金を払ってまでは買ってくれる人は少ないでしょう

 

 

 

 

 

ならもともと購入意思があるキーワード『漫画 通販』等でアクセスを呼び込む方が

 

 

濃いアクセスを見込むことができ売上にもつながるキーワードになるでしょう

 

 

 

 

このように、いくら上位表示したとしてもキーワードによって

 

 

訪れてくれるユーザーの属性がまるっきり変わってくるので

 

 

最初のキーワード選定は大事になってきます

 

 

 

 

あなたがアフィリエイトで稼ごうと思うなら、なるべく、購入意思がつよいキーワードで

 

 

競争率が低くいキーワードでサイトを作成できれば理想てきです

 

 

 

 

しかし、なかなかそのようなお宝キーワードを発見することが難しいので

 

 

 

キーワード選定ツールで競争率が低いキーワードを探して、

 

 

 

そのうえで購入意思がありそうなキーワードを選ぶとかなり楽になりますよ

 

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0