キーワード選定ツールのおすすめ&レビュー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

Googleサジェストを活用したSEO対策方法

読了までの目安時間:約 4分

 

 

Googleなどの検索エンジンを使用して、何かを検索する際に、キーワードを入力すると「キーワード+○○」と表示された経験があると思います。その「キーワード+○○」といった表示がサジェストキーワードなのです。

 

 

その単語で世の中の人が何を検索しているのか、多くのユーザーが検索している単語が表示されるのです。検索で迷ったときなどに役に立ち、活用することができますし、SEO対策や、キーワードの選定にも使えます。

 

 

Googleサジェストの仕組みについて、SEOでのメリットやキーワード取得ツールについての説明をしていきます。

 

 

Googleサジェストについて

 

検索窓にキーワードを入力すると、多くのユーザーが検索しているものを予想して教えてくれるのがサジェストキーワードです。間違えた言葉で入力してしまっても、そのミスさえ先読みして訂正してくれるのです。

 

 

Googleサジェストの基本

 

Googleサジェストとは、Googleで検索するときに予測したキーワードを出してくれる機能です。

 

 

例として「旅行」と検索窓に入れ、スペースを入れると「旅行 持ち物」「旅行 おすすめ」の様に、みんなが調べている組み合わせを予測で出してくれるのです。「旅行 か」と打ち込むと、、「旅行 関東」「旅行 格安」「旅行 カップル」の様に、「か」から始まる単語の候補を教えてくれます。

 

 

キーワードの入力が簡単になるだけではなく、、間違えて入力してしまったとしても、検索結果では正しく表記してくれたりもします。例えば、「旅行 かぷる」と打ってしまった場合「次の検索結果を表示しています: 旅行 カップル」と、正しいであろう言葉を予測して検索してくれるのです。

 

 

Googleサジェストの構造機能

 

Googleサジェストは、ユーザーの多くが検索するキーワードというだけで重要なキーワードと判断するようです。

 

 

サジェストとして表示されるほとんどは、人気のある、検索されているキーワードと言えます。ですので、そのキーワードを検索する人たちがどのような複合キーワードで調べているかということをチェックすることができるのです。

 

 

検索する環境や地域によっても表示されるサジェストが異なるので、よりその人に合ったサジェストキーワードを知ることができるのです。

 

 

Googleサジェスト対策を行うSEO対策

 

検索する際、すべて入力する必要がないためサジェストキーワードを利用する人が多いですね。ですので、サジェストキーワードとして表示されている単語は検索ボリュームが高い可能性が大きいのです。

 

 

キーワード選定ではサジェストキーワードを目いっぱい活用できれば、ユーザーが求めているニーズを狙えます。

 

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

同義語や類義語のSEO対策活用方法!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

 

キーワード選定している際に、同義語や類似語は頻度を多く使っていった方がSEO対策に有効なのかどうかをお問い合わせで聞かれることがあります。

 

 

最初に答えを言うと、有効です!ではどうして有効なのか、またどのように活用することが望ましいのかを解説していきます。

 

 

同義語・類義語とは

 

まず初めに、同義語と類義語って何って人にもわかるように概念の解説から始めていきます。

 

 

言葉も意味が似通っている、もしくは同じ意味ではあるのですが、言葉自体の形が違っているキーワードの事を指します。また同義語と類似語の二つのキーワードそのものも、上記の概念にあたります。グーグルの検索も進化していて、検索かけたキーワードがタイトル等になくても、そのキーワードと同義語や類似語の場合、上位表示することもあります。

 

 

ただ、ほとんどの場合検索上で、一つキーワードで同義語で検索したとしても、検索順には大きく違ってきます。極端な例でいくと、「キーワード」「単語」等で検索をかけたとしても、全然違うサイト記事が検索上に表示されます。

 

 

活用方法

 

検索した時に、違う記事が表示される場合、同義語に合わせた、それぞれのキーワード毎に記事作成を行う事が重要になるのです。

 

 

それか、一つのページに手を込めるのでしたら、同義語や類似語を混ぜ合わせることで検索から引っかかりやすくすることが重要です。

 

 

ただ、1つのページに、類義語や同義語をわざとらしく乱用してしまうのは危険性も高まりますので、おやめください。そうではなく、なるべくそれらのキーワードを自然な文章構成の中で活用・使用していくことが重要になるのです。

 

 

Googleの場合、明らかな類義語・同義語のキーワード乱用の場合、スパムを受ける可能性があります。なので、一つの目安として、人の目で見て、不自然ではないかどうかを確認するようにしましょう。ただやはり、コンテンツの質の事を重要視すると、キーワードの統一を心がけた方が、読みやすく理解がしやすい文章になるかと思いますね。

 

 

コンテンツの質を重要視するなら、それぞれのキーワードで最適化した記事を複数作成していく方がいいかと思います。ただ、その分作業量の負担がおおくなってしまうので、どちらが自分に適しているか、またキーワード毎に、どちらのパターンがいいのかどうかを考えることが良いかと思います。

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

共起語を活用した記事の書き方とSEO対策

読了までの目安時間:約 4分

 

共起語…聞いたことありますか?

 

 

普通に生活しているだけではなかなか関わりのない単語ですよね。

 

 

共起語(きょうきごと)はアフィリエイトをしている人にとって、SEOに深く関わる大切なポイントなのです。このあまり親しみの少ない共起語とは何か。どんな時に使うか、をご紹介していきます。

 

 

共起語とは?

 

簡単に言うと、メインのキーワードとよく一緒に使用される言葉のことを指します。例えば「夏休み」がメインキーワードだとすると、「海」「旅行」「宿題」のような単語の事です。

 

 

注意してほしいのが、類義語や同意語とはまったく意味が違います。言葉の雰囲気では似ているように感じるので気を付けてください。

 

 

共起語とSEOの関係性

 

Googleは何を見て記事の内容を把握し、判断しているのでしょうか。独自に調べてみた結果ですが、テーマを判断する基準は共起語を見ているようです。

 

 

記事内に何のキーワードがいくつあるか、どれだけ使用されているか、というところをチェックしてるようです。上記を踏まえて、記事のテーマ性を分類しているんですね。

 

 

検索エンジンはロボットですが、どのキーワードが重要か、関連があるのかを見抜くことができるようですが、本当に自分の狙ったキーワードで捉えてくれるか、ということは分からないのです。

 

 

ですが、これが「メインキーワード」ということをアピールすることはできます。記事内に共起語と共に頻繁に混ぜるよう意識しましょう。

 

 

そうすることで、Googleも意識をしてくれるし、SEO的にも対策ができていますね。

 

 

共起語を用いた記事の例

 

先ほど例として挙げた「夏休み」で考えると、共起語は「海」「旅行」「宿題」でしたね。実際に共起語を用いて文章を考えていくとこのようになります。

 

 

では、先ほど例にっした共起語の中の「旅行」で考えると、さらに共起語は「旅館」「家族」「海」このように考えられます。このキーワードで記事を書いていくと、「家族と旅行で海に行き、旅館に泊まった。」ということが分かるかと思います。

 

 

このような共起語を分散させておけば、「家族と旅行」という内容をGoogleが理解し、テーマにあったジャンル分けをしてくれるのです。

 

 

まとめ

 

今後記事を書く際に上記のことを意識しながら取り組むと、記事が評価されやすくなります。

 

 

言葉1つで意味合いが変わったり、まったくっ違う内容になることもありますので、キーワードを選ぶときは、先のことも考えて決めるようにしたらいいですね。

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

キーワード選定の用語集一覧

読了までの目安時間:約 4分

 

 

キーワード選定について解説している記事・サイトを見ていると、意味が分からない単語を見かける事があるかと思います。なのでキーワード選定でよく使われる、用語意味集を作成致しました。

 

 

また当サイトでは、キーワードのツールについて専門的に解説していますので、キーワードツールについての意味なども同時に解説していきます。

 

 

キーワード選定ツールとは

 

一般的には、検索数、競合性、ずらしキーワード、複合キーワード、など多くの調査要素等を含む情報を自動で取得してくれるツールを、キーワード選定ツールと言います。

 

キーワードツールとは

 

キーワード選定ツールを含んだ大きな概念で、キーワードに関する便利機能を指します。

 

 

関連語とは

 

キーワードに対し関連した言葉、用語。下記の「共起語」「連想語」も含めて関連語ですね。

 

 

共起語とは

 

文章に対し、関わりのある単語のこと。メインのキーワードと一緒に使用されるものが共起語です。

 
「カフェ」を例にすると「コーヒー」や「ケーキ」が共起語。「喫茶店」は類義語になってしまうようです。「カフェでコーヒーを飲んだ。」の様に、よく一緒に使用される言葉を表すようです。

 

 

連想語とは

 

キーワードから連想することができる言葉。「コーヒー」を例にすると、「カフェ」「おいしい」「香り」「飲む」

 

 

トレンドキーワードとは

 

今たくさん検索がされているキーワードや、そのシーズン、時期により変わる言葉。芸能人が不倫をすると「その人についての話題」ばかりだったり、「人気のゲームが発売したとき」や、夏は「日焼け対策」このようなものをトレンドキーワードと言います。

 

 

サジェストワードとは

 

ネット検索をする際に、キーワードを検索窓に入力すると、そのキーワードでよく調べられている組み合わせが表示されます。それをサジェストワードといいます。ただし、幅広く調べられているものが表示されるだけなので、サジェストキーワードをターゲットにすると失敗することもあるので注意が必要です。

 

 

複合キーワードとは

 

メインのキーワードと組み合わせて使うキーワードのことです。キーワードにもいろいろあり、ビッグキーワード(有名な言葉や話題)1つのみで上位表示させることは難しいですが、もう少しターゲットを絞れば難しくありません。「メインのキーワード」+「サブキーワード」このようなものを複合キーワードと呼びます。

 

 

「コーヒー」+「豆 おすすめ」のように、入り口は狭まりますが、ユーザーが求めているキーワードで攻めればいいのです。

 

 

 

 

 

以上になります。また何か分からないことがございましたら、お問い合わせ頂ければお答えしますね。

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

パンドラ2は本当に酷い!PPCアフィリエイトでキーワード選定する時間が必要なくなった理由

読了までの目安時間:約 6分

 

 

サイトアフィリエイトとはキーワード選定の考え方がかなり違い

 

 

PPCアフィリエイトのキーワード選定の考え方は特殊なので解説していきます

 

 

 

PPCアフィリエイトを実践している人はいるかと思いますが、稼げていない人は総じて、

 

 

 

キーワードを決める時点で、稼げていない要因があるのです

 

 

 

また逆に、稼げている人は、キーワード選定する時に、稼ぐ事ができるキーワードを探し出せているのです

 

 

 

PPCアフィリエイトの場合は、キーワードの選択はとても大切になります

 

 

 

サイトアフィリエイトの場合、もし上位表示することができなかったり、

 

 

 

上位表示されアクセスは来ても記事の質が悪くて

 

 

 

全く商品が売れなかったとしても大きな赤字が生まれることはありません

 

 

 

キーワードの選択を間違えてしまうと、ただ稼げないだけでなくて、赤字になる可能性を大きく持っているのです

 

 

 

ワンクリックで100円以上の出費するキーワードは山ほどあります

 

 

 

なので100クリックされて売れなければ一万円の赤字となってしまうのです

 

 

 

ではどのようなキーワードを選定すればいいかというと

 

 

 

ライバルが少ない、入札単価が低い、成約率が高いの三点を抑えたキーワードを探すことができれば

 

 

 

サイトページを時間をかけて作りこむ必要がなくただ目的としている販売サイトに

 

 

促してあげるシンプルなページを作成することで効率的に稼ぐ事ができるのです

 

 

 

『そのキーワードを探すことができたら苦労しないよ』

 

 

 

って声が聞こえてきそうなのでそれについても解説していきます

 

 

 

PPCアフィリエイトを実践するにあたって必ず必要なことが、販売ページの関連となるキーワードを考えます

 

 

 

経験によるとこかもしれませんが、販売ページの中で、これが検索されて訪問者が来るのだろうというキーワードを

 

 

 

メモ帳にコピーしてその単語を調べます

 

 

 

そして、そのジャンルでの独特の言い回しや、専門的な言葉があるのでそれを知る為にも検索をキーワードごとにかけて

 

 

 

検索、アクセスが来るキーワードをキーワードプランナーを使いながら選定していく作業をしています

 

 

 

これはかなり時間をかけてやる必要、そして価値があります

 

 

 

このキーワード選定によって稼げるのかどうかがほとんど決まるのです

 

 

 

しかし、パンドラ2というツールを使い始めてからこの作業がほとんど必要なくなり

 

 

 

キーワード選定する時間が大幅に時間を割く必要がなくなったのです

 

 

 

正直、私がこのように時間をかけてキーワード選定するノウハウや、経験が必要なくなってしま他と感じました

 

 

 

 

悔しい思いもしましたが、今現在パンドラ2を使っています

 

 

 

パンドラ2を使えば、他の人がどのようなキーワードで広告を出しているかも

 

 

 

すべてカンニングができてしまうのですから自力でのキーワード選定が必要なくなるのです

 

 

 

むしろ、稼ぎを出している広告の真似をすることで稼ぐ事すらできるのです

 

 

 

パンドラ2について詳しく紹介していますのでご覧下さい

 

 

タグ :

キーワード選定 パンドラ2 (Pandora2)   コメント:0

【初心者編】正しいキーワード選定する時チェックする3つの事

読了までの目安時間:約 3分

 

 

キーワード選定する際に、まず第一に必ず検索されるかどうかの条件があります

 

 

それは、実際にユーザーが検索している人がいるかどうかということです

 

 

当たり前のことかもしれませんが、キーワードが決まったら

 

 

そのキーワードはまず実際に検索していた人はいるかどうか尾を調べなければ

 

 

そのキーワードがいくら競合性が低くても使えるキーワードになりません

 

 

キーワードの月間検索回数はグーグルプランナー調べる事ができるので、まず第一に検索して調べてみましょう

 

次に重要になってくることが選定したキーワードがそのサイトのの内容と一致しているかどうかです

 

 

これはかなり大事で、釣りというキーワードでタイトルを作っているのに、

 

 

車の事ばかり説明していたらそのサイトにきた訪問者はすぐに帰っていて

 

離脱率が高くなりサイトの評価も落ちてしまいます

 

 

また自分のサイトが商品をを販売するサイトなら属性を考えることも大きな要因になるはずです

 

 

こちらで詳しく書いています⇒【初心者編】キーワード選定は物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトでは注意が特に必要!!

 

 

 

そして、実際に検索されていて、使えるキーワードということが分かったら

 

 

そのキーワードで検索順位を上げ上位表示することができるかどうかです

 

 

自分のサイトが中小規模のサイトを作成する予定なら競合性が低いキーワードで勝負を挑んだほうがいい

 

 

 

沢山検索する人が多くてライバルのサイトが沢山運営しているならその単語は正直難しいと考えた方がよい

 

 

 

 

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0

キーワード選定は物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトでは注意が特に必要!!

読了までの目安時間:約 4分

 

物販アフィリエイト・情報商材アフィリエイトでは「キーワード選定」の重要性を解説していきます

 

 

物販アフィリエイト・情報商材アフィリエイトは訪問者を集めることが売り上げにつながると思っている人がいますが、

 

 

そうではなく、自分のサイトの属性にあった訪問者を選ぶことがより重要になります

 

 

確かに、アクセス数という絶対数が多いほど

 

 

自分のサイトの商品や商材をみてもらう機会は増えるかとおもいますが、

 

 

購入欲が少ない人を沢山集めたところであまり意味がないのです

 

 

例えば、『鍋』のサイトを制作していたとして、『鍋 料理』でアクセスを集めたところで

 

 

鍋でできる料理を知りたい人が多く、大半が鍋が欲しくてアクセスするわけではなのです

 

 

そうではなくて、もともと購入欲がある人を集めるのです

 

 

『鍋 安い』 『鍋 IHヒーター対応』等では安い鍋が欲しくて来ている人や

 

 

IHでも使える鍋が欲しいのかとユーザーの属性をを分かるようなキーワードでアクセスを

 

 

集めた方が物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトではいいのです

 

 

 

それに、このようにキーワードで検索している人は、

 

 

もともと鍋に購入意欲があるので自分のサイトでの説明が不十分でも向うでも

 

 

情報をもともと持っているので初心者でもより稼ぎやすい狙いどころのキーワードなのです

 

 

もし、『鍋 料理』で商品を売ろうと思ったら

 

 

鍋の良さを伝えるために一から説明していく必要があります

 

 

『この鍋の優れたところはこんなところで、このような料理もこんな出来上がりになるのです』と、、、。

 

 

 

つまり、何が大切かと言うとキーワード選定が売り上げに大きく関わってきます

 

 

この部分の選択でそのサイトでアフィリエイトが成功するかしないかが、決まると言っても過言ではありません

 

 

確かに、ライバルが少ないニッチなキーワードを選ぶことも重要になりますが

 

 

一番大切なのが、ユーザーに属性が合うものを選ぶことなのです

 

 

 

 

 

まとめ

 

初心者のうちは購入意欲があるキーワードを中心に攻めていこう!

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0

キーワード選定する時、初心者がする大きな過ち【危険】

読了までの目安時間:約 3分

 

 

記事を書く際に必ず定めないといけないことは、一記事につき、一キーワードを定めることです

 

 

これは初心者がよくやってしまう過ちなんですが、一記事にたいして、

 

 

2個も3個もメインとなるキーワードをいれてしまうことです

 

 

もちろん、そのメインキーワードに対して関連するキーワードとして複合キーワード設定することはいいことですが

 

 

一記事にいくつものテーマを入れてしまう事はよろしくありません

 

 

例えば、パソコンの事を書いていたのに全然違う趣旨の単語をタイトルとかに含めてしまう事です

 

 

パソコンの事を知りたくて訪問してきた人が違うことが書かれていたらがっかりですよね

 

 

 

 

タイトルにメインキーワードをいれて、その関連や複合キーワード含めるだけではまだ不十分なので

 

 

次にはコンテンツ内にもキーワードをいれていきましょう

 

 

ではコンテンツにできるだけその眼委員キーワードを含めればいいかというとそうではなくて、

 

 

メインキーワードとなる出現率が重要になるのです

 

 

よくSEOの本や、商材では5%~8%近くの数値をよくみかけるのですが、

 

10%を超えている方がいいという人もいたりと、正直な話、数値化できていないのが現状です

 

 

むしろ、この数値にこだわるのではなく自分のテーマに沿った記事を書いていれば

 

 

自然にキーワードは関連キーワードを含め必ず書いているはずです

 

 

なので出現率よりかは、記事内のコンテンツをしっかりすることを心がける方がよりSEOにおいてもいい結果が出るはずです

 

 

 

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0

複合キーワードで稼ぐ為の必ずサイトに○○○を導入すべき事とは・・・?

読了までの目安時間:約 4分

 

アフィリエイトで稼ぎを出している人にとっては当たり前の事かもしれませんが

 

複合キーワードがアフィリエイトで成功するためには重要なことなのです

 

 

例えば、「アフィリエイト 稼ぐ」「ゲーム 安い」「ダイエット 運動 簡単」

 

 

等、キーワードが2,3語連なって組み合わさっているキーワード複合キーワードと言います

 

 

それに、記事が少なかったり、サイトを設立してまだ間もないころはこの複合キーワードのなかでも

 

 

単語数を増やして3,4語にすることによりサイト自体の集客能力が少なくてもライバルが少ないから

 

 

キーワードが一致すればサイトに訪問者がきます

 

 

この複合キーワードはアフィリエイトをするならこの先もずっと大事になることなので、

 

 

アクセスを集めやすい(人に検索されやすい)複合キーワードを選定する能力を上げていきましょう

 

 

能力を上げる為の方法

 

いきなり、アクセスを集めることができる、複合キーワードを探そうと思っていても難しいので、

 

 

最初の方は、とりあえず自分のテーマに沿った記事をキーワードはあまり考えず、沢山書いていきましょう

 

 

そして、いくつか書けばアクセスがぽつぽつと出てくると思うので

 

 

そこで何の複合キーワードで自分のサイトに用があってきたのかを調べる為に

 

 

アクセス解析を必ず設置しましょう

 

 

これにより自分のサイトに来た人がどのようなキーワードで訪問してきたのかがわかります

 

 

アクセス解析でおすすめは忍者アクセス解析ですね

 

 

そこでお客さんはこういうキーワードで訪問してくるのか!と知り目的をわかっていくのです

 

 

そのような繰り返しで「検索する人はなにが知りたいのかな?」かが、どんどんわかっていくので

 

 

アクセス解析の分析は稼ぐためには必ず必要になってきます

 

 

こうした識別能力はすぐにはつかないのでじっくりと実力を高めていきましょう

 

タグ :

キーワード選定   コメント:0

キーワード選定の基本・活用方法

読了までの目安時間:約 3分

 

キーワード選定することは記事を作成するならかならずやっている事と思います

 

 

そこで、基礎知識になってしまうかもしれませんが、最低限知っておく必要があることをまとめました

 

 

キーワード選定ツールを使うにしろ知っておく必要があることばかりです

 

 

キーワード選定基礎知識

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0