キーワード選定ツールのおすすめ&レビュー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

キーワード選定ツールの標準機能

読了までの目安時間:約 4分

 

キーワード選定ツールは数多く市場に出回っていますが、ある程度の標準装備はだいたい決まっています。その標準装備が整っていないツールは、機能面が劣っているツールとみなし貰ってもいいかと思います。

 

 

そして、この標準レベルを超えた調査が出来るキーワード選定ツールの場合、機能面で優れていると判断出来ます。

 

 

では、キーワード選定ツールの標準装備とはどのような機能性なのかを解説していきます。

 

 

ワンクリック、トレンドキーワード取得

この機能は、今現在多く調べられているキーワードはどのようなキーワードなのかを調査してくれる機能になります。いくつか取得サイト元があり、そこから拾い上げてくれるんですね。

 

 

これは、どのキーワード選定ツールにも装備してある機能ですね。もし、この機能が付いていないキーワード選定ツールの場合、かなり遅れているツールとなります。

 

 

複合キーワードの取得

キーワードのずらしによってライバルが少ないキーワードを取得するために、複合キーワードを取得してくれる機能です。他に、連続語、関連語、言い回しなどそのキーワードに沿った複合キーワードを取得してくれますね。

 

 

この機能が無ければキーワード選定ツールと呼べない位重要な機能で、だいたいのキーワード選定ツールに付いています。

 

 

競合数

この競合数も重要な指針となります。これはそのキーワードで検索された時にどのくらいの検索数なのかを調査してくれる機能です。

 

 

この機能も標準機能として、ほとんどのツールに搭載されている機能になります。

 

 

 

 

 

 

一応上記の3つの機能はどのキーワード選定ツールにも付いていると考えてもらってもいいかと思います。これが付いてない有料キーワード選定ツールは本当に稀だと思います。

 

 

また、上記の3つの調査位でしたら、無料のキーワード選定ツールでも調査出来ます。しかし、無料のキーワード選定ツールの場合、一つ一つ違うサイトで確認をしないといけない場合がほとんどですので、時間が掛かってしまいます。

 

 

有料のキーワード選定ツールの場合、上記のは基本として、一度にすべての項目調査をしてくれますが、無料ツールの場合、トレンドキーワードを取得してくれるサイト、ずらしキーワードを取得してくれるサイトとそれぞれが別サイトになるんですね。そういう意味でも有料のキーワード選定ツールは時間短縮と、作業量の削減になります。

 

 

ただ、上記の3つだけの機能しか持っていないキーワード選定ツールの場合は、購入する必要はないかと思います。今のキーワード選定ツールの市場では上記の機能は当たり前で、その上でどのような機能を持っているかが重要になるんですね。

 

 

 

 

 

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

【比較表】キーワード選定ツール比較・評価【10個】

読了までの目安時間:約 3分

 

 

10個のキーワード選定・アドバイスツール比較・評価して表にまとめました

 

 

ツール名 コスパ 機能性 対応PC 特徴 おすすめ
COMPASS(コンパス) Windows、Mac 機能性十分+検索順位チェック機能搭載 ★★★★★
キーワードスカウターS Windows コスパ、機能性と総合的に優れたツール ★★★★★
パンドラ2 (Pandora2) Windows、Mac PPCアフィリエイトに最も強いツール ★★★★★
キーワード発掘ツール『ももんが』 Windows シンプルでどのキーワードが狙い目か一目瞭然 ★★★★☆
Brownie(ブラウニー) Windows 高機能、キーワード選定の収集元(サイト元)が最も多い ★★★★☆
キーワードディスカバリー Windows、Mac 上位30サイトのライバル情報抽出機能 ★★★☆☆
プラチナキーワードシーカー Windows 季節にあったキーワードを自動抽出してくれる機能搭載 ★★★☆☆
プレシャスキーワード Windows  無し ★★☆☆☆
キーワードコレクター無限←販売停止中 Windows  無し ★★☆☆☆
サスケ・ハンゾウ × Windows、Mac トレンドに特化したキーワード選定ツール ★☆☆☆☆

 

 

 

 

簡単な項目ですが、キーワード選定ツールの比較表を作成しました

 

 

 

コストパフォーマンスは機能性と相対して評価を付けています

 

 

 

機能性は他の全体的なキーワード選定ツールと比較して評価をつけています

 

 

 

おすすめはどちらかと言えば、はじめてキーワード選定ツールを

 

 

 

購入するならという意味で初心者に向けてつけました

 

 

 

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

キーワードツールの比較レビュー

読了までの目安時間:約 2分

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

Google トレンドの弱点をキーワードプランナーで補う方法

読了までの目安時間:約 8分

 

Google トレンドを使ったことがないという方のために、

 

 

 

少しだけ使い方を説明しておきます。

 

 

 

人気度の動向というグラフ、地域別人気度のほか、

 
関連キーワードなどが表示されます

 
トレンドアフィリにおいて、この Google トレンドでキーワードを調べる場合、

 

 

 

人気度の動向グラフは、キーワードを判別するための指標となりますので、

 

 

 

Googleトレンドを使用する場合人気度の動向グラフが主に使っていく機能となります

 

 

 

サイトの画面上部に、「Search Google Trends 」があります

 

 

 

 

この枠内にキーワードを入力し、検索することで

 

 

 

そのキーワードのボリュームを調べることができます。

 

 

 

例えば、祭りというキーワードについてGoogleトレンドで検索すると、

 

 

 

お祭り

 

 

 

 

 

 

 

この結果からわかるのは祭りというキーワードで検索される数のピークが

 

 

 

7月で4月頃から検索される数が増えてくることがわかります(グラフの山の頂点のところが7月という表示でした)

 

 

 

 

 

では7月に自分の書いた祭りの記事が上位表示すればアクセス数が流れてきます

 

 

 

そのためには祭りの記事を3,4か月前に記事を書くことによりキーワードが上位表示しやすくなるはずです

 

 

ミドルレンジキーワードでは3か月は上位表示するまで、時間的にはかかってしまうので

 

 

 

それを想定して対策を練ることができるのです

 

 

 

ミドルレンジキーワードとは毎年決まった時期に検索需要が急増するキーワードのことを指します

 

 

Googleトレンドのデメリット

 

 

上記の画像のようにどの時期に検索数が増えるなど何年も通して大きく広く検索する傾向を知ることができます

 

 

 

しかし、グーグルトレンドにも大きな欠点があります

 

 

 

実は、傾向はわかるのですが、そのキーワードが一日にどのくらい検索されているのか、

 

 

月間検索平均はどのくらいなのかと、具体的な検索数がわからないのです

 

 

 

どの時期に一番検索される数が多いとはわかるのですが、数が分からなければまた使い方も変わってしまうでしょう

 

 

 

例えば、祭りと同じように7月に検索需要が高まる『浴衣』のキーワードですが、

 
浴衣

 
これは上記の『祭り』と検索需要の傾向は同じように見えますが、実はかなり検索数で言うと数が違ってくるのです

 

 

ではどうやって検索数の数を具体的に調べるのかと言うとキーワードプランナーというツールを使うことで

 

 

 

調査することができます

 

 

 

キーワードプランナーで両方のキーワードを調べてみましょう

 

 

 

キーワードプランナーで、『祭り』で検索すると、

 

キーワードプランナーで『浴衣』で検索すると、
浴衣
これを見てもらえばわかるかと思いますが月間平均検索ボリュームが

 

 

『祭り』が2万7千に対して『浴衣』が20万と10倍近く検索数が違うのです

 

 

 

同じ時期にアクセス数が上がることは同じなのですが、浴衣の検索需要数の方が圧倒的に多いのです

 

 

 

これでわかることは、実際にアフィリエイトサイトでアクセス数が欲しいのなら祭りで

 

 

 

上位表示させるより浴衣で上位表示を目指した方が圧倒的にアクセスが来るということです

 

 

 

Googleトレンドには、検索需要が立ち上がる時期を正確に予想できて、何年にもわたって傾向がみれるので

 

 

 

それが年々検索需要の増減がわかるのでそのキーワードはこれか使っていくことができるのかどうかが分かるメリットがあり、

 

 

 

キーワードプランナーには、毎月の月間検索数を把握できるという機能があり、更に一年分なら検索需要時期もわかります

 

 

 

この二つを駆使することによりこれから先も使っていける需要のあるキーワードが分かるようになるのです

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐためにはツールを上手く利用していくことはとても大切なので

 

 

 

この二つのツールは必ず利用価値があるツールなので利用していきましょう

 

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

秀吉塾キーワードツール!サスケ・トレンドキーワードコレクター、ハンゾウ・トレンドキーワードアナライザーのレビュー

読了までの目安時間:約 3分

 

サスケ・トレンドキーワードコレクター

サスケ

ハンゾウ・トレンドキーワードアナライザー

 

ハンゾウ

 

 

実はこのキーワード選定ツールは単品では購入できなく、秀吉塾に申し込むと使用することができるツールなんです

 

 

塾に申し込むことにより上記の二つを含む5つのツールを使用することができるのです

 

 

サスケはトレンドキーワードをワンボタンで取得してくれます

 

 

それも、複合キーワード等ライバルが減るところを抽出してくれます

 

 

そして、ハンゾウがその抽出したトレンドキーワードを競合性等の調査を行ってくれるのです
30万円近い金額を払うことにより塾に入塾し、これらのツールが追加されて、使用することができるのです

 

 

もし、ツールを半年後も使いたければ月額1万円程度の使用料を支払う必要があります

 

 

ツールの機能性

 

 

サスケもハンゾウも機能性を見てみると、巷で販売しているキーワード選定ツールの機能は変わらないです

 

 

むしろ、キーワード取得と競合調査が分かれているサスケとハンゾウは効率が悪いです

 

 

だいたいのキーワード選定ツールではワンクリックで両方調査してくれます

 

 

それに、このツールで10万近くの価値がないと割に合わないはずです

 

 

更に、半年後は月額1万円払う必要があるのです。

 

 

悪い意味でめちゃくちゃ破格です。

 

 

5段階評価

サスケ・ハンゾウの評価は星1つ(★☆☆☆☆)です

 

 

あまり詐欺とまでは言いたくありませんが、上記二つのキーワード選定ツールを見るにぼったくりと感じてしまいます。

 

 

5千円でサスケ、ハンゾウ二つを上回るツールはあるので、ひどい話だと思いますね。

 

 

 

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

キーワードツールレビュー

読了までの目安時間:約 2分

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

キーワードツールの有料ツールと無料ツールの大きな違い

読了までの目安時間:約 3分

 

キーワード選定をする際、無料のキーワード選定ツールを使用するひとがいるかと思いますが、

 

 

 

時間を大きく無駄している場合があります

 

 

 

確かに、無料のキーワード選定ツールで狙い目になるキーワード選定をすることが可能だとは思いますが、

 

 

大きく時間を無駄にしているかと思います

 

 

 

無料でのキーワード選定ツールは競合性、アクセス数、ライバルサイト、関連ワード、複合ワードと、

 

 

それぞれ調べてくれるツールは確かにあるのですが、

 

 

キーワードツールを5つと開いてそれぞれで検索をかけてそれぞれ調査結果を調べていくなどと

 

 

非効率な作業を強いられることとなります

 

 

 

このような作業に時間をかけるのではなく記事内容に時間をかけた方がよっぽど報酬につながります

 

 

 

 

なのでキーワード選定に時間をかけずに、きちんと狙い目キーワードを探し出すためにも

 

 

 

有料のキーワード選定ツールを一つ所有することをおすすめします

 

 

 

競合性、アクセス数、ライバルサイト、関連ワード、複合ワードみたいな、基本的なことはツールで一発でわかってしまいます

 

 

 

 

それに、キーワードを選定する際、持ってくる収集元が物凄いバラエティーなので

 

 

 

手作業や無料ツールでは賄えないことが沢山あります

 

 

 

しかし、狙い目キーワードを見つけたとしても必ず稼がしてくれるとは限りません、

 

 

 

所詮ツールなので稼ぐ事ができるノウハウは必要なのです

 

 

 

 

なのでツールに頼りっきりではなく狙うキーワードに対してどう利用していくかも大事になりますね

 

 

 

 

キーワードツール   コメント:0

キーワードツール『どこでもキーワードゲッター』のレビュー

読了までの目安時間:約 3分

 

どこでもキーワードゲッターを紹介します

 

 

 

 

 

どこでもキーワードゲッター

 

 

 

 

 

 

主な機能としては

    • キーワードの検索ボリューム
    • 関連検索ワードの中でも長期間検索されるもの(ショート・ミドルレンジキーワードの選定もできます)
    • Googleでの検索結果
    • ヤフーでの検索結果
    • おしえてgooでの検索結果
    • Googleトレンドでの検索結果
    • 検索結果1ページ目に表示されているブログ数

 

 

 

 

機能性を見るとツールなしでも、時間をかけずに他サイトを使えば無料できますね

 

 

 

これなら無料のキーワード選定ツールのグーグルアドワーズを使用した方がいいですね

 

 

このどこでもキーワードゲッターの特徴はスマホで操作ができるので、

 

どこでも思いついたときに調査ができます

 

 

そのスマホで検索しても一つの画面で調査ができるので、手間がかからないですね

 

ツールの使い方


このツールの基本的な考え方としては、

 

自分の発想・思考にないお宝キーワードを発見してくれるツールではなくて、

 

自分が思いついたキーワードがお宝キーワードかどうか確かめることができるツールですね
そして、このツールではスマホでも操作が可能なので、どこでも思いついたら確認ができるということですね

 

 

しかし、他のキーワード選定ツールと比較してしまうと

 

 

キーワード選定ツールの機能性としては足らなすぎる他、価格面でみても納得できるツールだとは思えないです

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

キーワードスカウターSと『ももんが』の性能比較

読了までの目安時間:約 4分

 

キーワード発掘ツール『ももんが』、キーワードスカウターSの便利機能

 

ももんが、キーワードスカウターSがあれば、今旬なトレンドキーワードも

 

複合キーワードもライバルチェックもすべてできます。

 

 

その中から上位表示が容易なキーワードをピックアップすることができます

 

 

もちろん自分が使用したいキーワードを調査することで簡単に複合キーワード、関連キーワードを調査することができるのです

 

 

「ももんが」とキーワードスカウターSとのツール機能の違いは?

 

キーワード選定ツールでももんがとキーワードスカウターSは共に人気ツールですが

性能の違いがわかりにくいので解説します

 

 

まずキーワードスカウターSの優れている点を挙げると

ももんがよりキーワード調査に対する取得情報が多いです

 

 

キーワードの取得先がYoutube検索などにも対応していて

「intitle(複合キーワードが一つ以上含まれている)」数が少ない複合キーワード、

「allin title(完全一致キーワード)」が少ないキーワードなども検索することができます

 

 

クリック単価チェック、上位表示されているライバルサイトチェックなど

キーワードスカウターSでは調査できるのです

 

 

販売価格がキーワード発掘ツールs『ももんが』が5,980円のに対して、
キーワードスカウターSは5,378円と少しの差ではありますが、

 

キーワードスカウターSのほうが、安価で購入することができます

 

 

ももんがの優れている点は

 

狙い目度がみて分かりやすく表示してくれています

 

どのキーワードで記事を書けばいいかどうか目視で簡単にわかります

 

キーワードスカウターSは数字表示に対してももんがの表示が五段階評価の★で表示してくれています

またももんがの方が若干軽く初期設定がかなり楽です

 

私はももんがを長く使ってしまいましたが、キーワードスカウターSを使うようになって

より詳しい情報が調べることができるようになりました。

 

キーワードスカウターSはももんがにいくつか機能が加わった印象です

 

今もしどっちを買おうか迷っているなら機能性ではキーワードスカウターSのほうが、おすすめです

 

ももんがをすでにお持ちならアップグレードする意味で購入する意味はありますね

 

キーワードスカウターSをすでにお持ちなら新たにキーワード発掘ツール『ももんが』は買う必要はあまりないかと思いますね

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

キーワードスカウターS キーワードツール ももんが   コメント:0

キーワードツールは情報商材アフィリエイトに使えるのか?

読了までの目安時間:約 5分

 

アフィリエイターに大人気のキーワードツールは情報商材アフィリエイトに使えるのか?

 

 

この疑問のはかなり思う人がいると思います。

 

 

 

キーワード選定ツールももんがキーワードスカウターSPandora2(パンドラ2)では「物販アフィリエイト」「トレンドアフィリエイト」によく使われています。

 

 

 

特に、トレンドアフィリエイトにはかなり強い傾向があります

 

 

 

 

ももんが・キーワードスカウターSはかなり軽いのでスピードも速くトレンドキーワードの関連語も素早くキーワード調査をしてくれます

 

 

 

 

物販アフィリエイトにして広告数と競合数の割合での狙い目度(星表示)で分かりやすく表示してくれるのでかなり使いやすいです

 

 

 

しかし、キーワード発掘ツール『ももんが』などは他のアフィエイトには利用できないかというと、そうでもありません

 

 

 

 

例えば、報酬額が大きく実践しているアフィリエイターに多い、情報商材アフィリエイトにも有効利用することができます

 

 

 

 

情報商材アフィリエイトと言えば、アフィリエイトする商材+レビューが主流ですが、このようなキーワードではキーワード選定系のツールはあまり意味をなさないですが、そのレビューページに飛ばすための記事の為にももんがを有効活用ができます

 

 

 

 

これは、ももんがを例としてあげていますが、キーワードスカウターSやパンドラ2にも同じことが言えます

 

 

 

何かの商材を求めている場合、その商材は本当に使えるのか、みんなは使ってどうなったのか、モチベーションは続くのか、などいろんな疑問が生じて検索をかけたりますが、ここでキーワード選定ツールが有効活用ができるのです

 

 

 

 

その商材の利用法やコラム的な記事を作り出して、そこの記事からレビュー記事へリンクをつないで誘導していく方法がつかえます

 

 

 

 

 

 

ここでキーワード選定ツール「ももんが」や他のキーワード選定ツールが情報商材アフィリエイトで役立つ時がくるのです
一番王道的な方法ですとその商材の関連キーワードを調査しライバルが弱いキーワードを組み合わせて記事を作成するのです

 

 

 

 

レビュー系の記事は数多くの人が作成していて、同じキーワードで集まってしまうので上位表示されることは困難でもノウハウ、コラム系記事でレビューへつなげる方法では上位表示も容易になってくるのでキーワード選定ツールを使えば楽に自分のレビューページに誘導することができます

 

 

 

この様な使い方をすれば

 

 

 

キーワード選定ツール「ももんが」やキーワードスカウターSやPandora2(パンドラ2)では、

「情報商材アフィリエイト」「物販アフィリエイト」「トレンドアフィリエイト」

全てに活用できるツールなのであらゆる角度から活用していけると思います

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0