キーワード選定ツールのおすすめ&レビュー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

同義語や類義語のSEO対策活用方法!

読了までの目安時間:約 4分

[最終更新日]  

 

 

キーワード選定している際に、同義語や類似語は頻度を多く使っていった方がSEO対策に有効なのかどうかをお問い合わせで聞かれることがあります。

 

 

最初に答えを言うと、有効です!ではどうして有効なのか、またどのように活用することが望ましいのかを解説していきます。

 

 

同義語・類義語とは

 

まず初めに、同義語と類義語って何って人にもわかるように概念の解説から始めていきます。

 

 

言葉も意味が似通っている、もしくは同じ意味ではあるのですが、言葉自体の形が違っているキーワードの事を指します。また同義語と類似語の二つのキーワードそのものも、上記の概念にあたります。グーグルの検索も進化していて、検索かけたキーワードがタイトル等になくても、そのキーワードと同義語や類似語の場合、上位表示することもあります。

 

 

ただ、ほとんどの場合検索上で、一つキーワードで同義語で検索したとしても、検索順には大きく違ってきます。極端な例でいくと、「キーワード」「単語」等で検索をかけたとしても、全然違うサイト記事が検索上に表示されます。

 

 

活用方法

 

検索した時に、違う記事が表示される場合、同義語に合わせた、それぞれのキーワード毎に記事作成を行う事が重要になるのです。

 

 

それか、一つのページに手を込めるのでしたら、同義語や類似語を混ぜ合わせることで検索から引っかかりやすくすることが重要です。

 

 

ただ、1つのページに、類義語や同義語をわざとらしく乱用してしまうのは危険性も高まりますので、おやめください。そうではなく、なるべくそれらのキーワードを自然な文章構成の中で活用・使用していくことが重要になるのです。

 

 

Googleの場合、明らかな類義語・同義語のキーワード乱用の場合、スパムを受ける可能性があります。なので、一つの目安として、人の目で見て、不自然ではないかどうかを確認するようにしましょう。ただやはり、コンテンツの質の事を重要視すると、キーワードの統一を心がけた方が、読みやすく理解がしやすい文章になるかと思いますね。

 

 

コンテンツの質を重要視するなら、それぞれのキーワードで最適化した記事を複数作成していく方がいいかと思います。ただ、その分作業量の負担がおおくなってしまうので、どちらが自分に適しているか、またキーワード毎に、どちらのパターンがいいのかどうかを考えることが良いかと思います。

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: