キーワード選定ツールのおすすめ&レビュー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

共起語を活用した記事の書き方とSEO対策

読了までの目安時間:約 4分

[最終更新日]  

共起語…聞いたことありますか?

 

 

普通に生活しているだけではなかなか関わりのない単語ですよね。

 

 

共起語(きょうきごと)はアフィリエイトをしている人にとって、SEOに深く関わる大切なポイントなのです。このあまり親しみの少ない共起語とは何か。どんな時に使うか、をご紹介していきます。

 

 

共起語とは?

 

簡単に言うと、メインのキーワードとよく一緒に使用される言葉のことを指します。例えば「夏休み」がメインキーワードだとすると、「海」「旅行」「宿題」のような単語の事です。

 

 

注意してほしいのが、類義語や同意語とはまったく意味が違います。言葉の雰囲気では似ているように感じるので気を付けてください。

 

 

共起語とSEOの関係性

 

Googleは何を見て記事の内容を把握し、判断しているのでしょうか。独自に調べてみた結果ですが、テーマを判断する基準は共起語を見ているようです。

 

 

記事内に何のキーワードがいくつあるか、どれだけ使用されているか、というところをチェックしてるようです。上記を踏まえて、記事のテーマ性を分類しているんですね。

 

 

検索エンジンはロボットですが、どのキーワードが重要か、関連があるのかを見抜くことができるようですが、本当に自分の狙ったキーワードで捉えてくれるか、ということは分からないのです。

 

 

ですが、これが「メインキーワード」ということをアピールすることはできます。記事内に共起語と共に頻繁に混ぜるよう意識しましょう。

 

 

そうすることで、Googleも意識をしてくれるし、SEO的にも対策ができていますね。

 

 

共起語を用いた記事の例

 

先ほど例として挙げた「夏休み」で考えると、共起語は「海」「旅行」「宿題」でしたね。実際に共起語を用いて文章を考えていくとこのようになります。

 

 

では、先ほど例にっした共起語の中の「旅行」で考えると、さらに共起語は「旅館」「家族」「海」このように考えられます。このキーワードで記事を書いていくと、「家族と旅行で海に行き、旅館に泊まった。」ということが分かるかと思います。

 

 

このような共起語を分散させておけば、「家族と旅行」という内容をGoogleが理解し、テーマにあったジャンル分けをしてくれるのです。

 

 

まとめ

 

今後記事を書く際に上記のことを意識しながら取り組むと、記事が評価されやすくなります。

 

 

言葉1つで意味合いが変わったり、まったくっ違う内容になることもありますので、キーワードを選ぶときは、先のことも考えて決めるようにしたらいいですね。

 

 

 

 

キーワード選定   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: