キーワード選定ツールのおすすめ&レビュー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

無料(フリー)のキーワード選定ツール20選!調査機能別の一覧!

読了までの目安時間:約 27分

[最終更新日]  

キーワードサイト フリー

 

 

いまだ活用することが出来る、無料のキーワード選定ツール20選を紹介していきます。フリーツールの場合、基本的には、一つのツールで有効活用できる機能は一つと限定されている場合がほとんどです。なので、キーワード選定する際に、必要な調査内容を下記の項目ごとに分けて紹介します。

 

 

  1. サジェスト・関連語抽出
  2. キーワード需要の推移(時期変化)調査
  3. 検索需要数(ボリューム数)調査
  4. 競合性調査
  5. トレンドキーワード調査

 

 

無料キーワードツールを使う場合に、上記の項目ごとにおすすめ出来る順番でフリーキーワード選定ツールを紹介しています。また「アフィリエイト」で検索した時の調査後画面の一部をチャプターで画像を載せているので参考にしてください。

 

 

サジェスト・関連語抽出

 

共起語抽出や連想語抽出を含む、キーワード選定する際に、一番重要なキーワードそのものの選定する機能を持っているツールを紹介しています。キーワード選定する際に、ここを間違えなければ、ライバルが少なく需要のあるキーワード選定を可能としますね。様々な観点から調査することが出来ますので、多岐に渡ってツールを活用していきましょう。

 

 

「goodkeyword」

 

WS000182

 

機能性

 

goodkeywordでは、Bing/Google関連サジェストワードをピックアップしてくれます。一度に膨大なサジェストワードを、短時間で抽出してくれるツールになります。

また、スタンダードな調査としてはGoogleとBingですが、マルチサジェスト検索や、楽天サジェストワード、Googleプレイサジェスト調査で、Google、Bingだけでなくて、「アマゾン」「ネイバーまとめ」「ヤフーショッピング」「YouTube」「楽天市場」「ウィキペディア」など色々なメディアや雑誌等でのサジェストワードが把握できるんですね。

 

 

「goodkeyword」はこちら

 

 

 

「kizasiラボ」

 

 

WS000189

 

機能性

 

調査したキーワードの具体的な情報や、それに、共起語、連想後、などの関わるキーワードのデータなども詳しく知ることが出来ます。チェックできる項目としては、そのキーワードをどのくらいの年齢の人が使って、性別の割合、そのキーワード使った記事はどの程度公開されているのかなど属性を定めることが出来るように詳しく説明されています。

 

 

その他にも、分析したキーワードからの関連しているキーワードはどのくらいの関連度があるのかどうか、一般性イメージされているキーワードなのかどうかなど、無料のキーワードツールにしてはとことんまで調査してくれるのです。

 

 

「kizasiラボ」はこちら

 

 

 

「Yahooキーワードアドバイスツール」

 

WS000203

 

機能性

 

このツールは、ハイスペックな機能を持っているキーワード選定ツールです。チェックしたい、キーワードを打ち込むと、関連キーワードを収得してくれます。

 

 

調査したキーワードのサーチした、性別、世代、地方、曜日などいろいろな具体的な属性をすべて出してくれます。

 

 

グーグルのキーワードプランナーと機能性が、細かい項目が少し違いますが、ほとんど似ていますね。ただGoogleキーワードプランナーでは、「競合性」を調べることができるのですが、Yahooキーワードアドバイスツールでは、その項目自体ありません。

 

「Yahooキーワードアドバイスツール」はこちら

 

 

 

「Keyword suggestion tool」

 

WS000179

 

機能性

 

このツールではGoogleのサジェストキーワードをピックアップしてくれます。幾つものサジェストキーワードが分かるので、どういった複合キーワードで検索されているかが認識できます。また検索したものは全て一括ダウンロードもできるのです。

 

 

 

「Keyword suggestion tool」はこちら

 

 

 

「LSI調査」

 

WS000177

 

機能性

 

LSI調査では共起語を確認できるようになってくれます。調査エリアは、調査したキーワードでGoogleの検索上位10位までをチェックして、出現数ごとに提示してくれます。

 

 

共起語は、関連語に含めれてる単語のことで、追求したキーワードと一緒に活用されるキーワードのことで、SEO的にも大事なキーワードなのです。この共起語を含めることでSEOの対策にもなるし、サテライトサイトにこれに関するキーワードを含める事でもよりSEO対策として強くなるのです。

 

 

「LSI調査」はこちら

 

 

 

「サクラサク」

 

 

機能性

 

共起語を調べる事が出来る無料のキーワード選定ツールです。共起語調査ツールは、関連語の1つで調査したキーワードと一種に使われやすいキーワードを抜き出していくれるのです。GoogleやYahooと言った一般的な検索エンジンから、検索結果で上位表示しているサイトから、記事、ページ解析・調査を行って、共起語を出現ペース毎に指し示してくれます。

 

 

また、登録しなくてもツールを利用することは可能となりますが、ログインすることで、一度に5つのキーワードを同時にチェックすることができるようになるのです。

 

 

「サクラサク」はこちら

 

 

 

「関連キーワード取得ツール」

 

WS000197

 

機能性

 

このツールではGoogleのサジェストワードを、アルファベット毎にまとめてピックアップしてくれます。またダブっていないリストを一度にコピーすることが可能なのです。Yahooの関連語も以前は集めることが出来たのですが、現在APIが停止しているので、こちらの項目は機能しなくなりました。

 

 

他には、サーチしたキーワードを含む「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の質問等をピックアップしてくれるのです。

 

 

「関連キーワード取得ツール」はこちら

 

 

 

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」

 

WS000207

 

機能性

 

チェックしたいキーワードを入れると、Googleで出てくるサジェストワードをまとめて手に入れてくれます。調査したキーワードの次に来る文字をそれぞれ、「あ~ん」「a~z」「0~9」まであらゆるパターンで表現されるサジェストワードを取得することが可能です。

 

 

まとめて取得したキーワードは、CSV形式でゲットすることが出来るので、キーワードストックとして、かなり効果的ですね。キーワード記事に困っている時に、とりあえずここから手に入れたキーワードを含めている材料で記事を作成することができるので、ネタ集めとしても使えます。

 

 

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」はこちら

 

 

 

「keywaordtool」

 

WS000222

 

機能性

 

「keywaordtool」は、自分が分析したキーワードに関し、そのキーワードが含まれた複合キーワードを生み出してくれます。つまり、サジェストワードを見出してくれます。

 

 

ライバルが少ないキーワードを見出すときに活用ができます。そして、このkeywaordtoolは、GoogleやBingだけでなくて、YouTubeやAPPStoreなどの複合キーワードをリサーチしてもらえるのです。

 

 

「keywaordtool」はこちら

 

 

 

「GoogleCorrelation」

 

WS000168

 

機能性

 

GoogleCorrelationでは、分析したキーワードと比べ関連キーワードをチェックすることが出来ます。分析したキーワードに何が関連性があるのかをリサーチしてくれるのです。

 

 

また、そればかりかて、調査したキーワードのトレンドアクティブをチェックすることが出来ます。それも、10年超の範囲でどの月が検索が多くあるのかと多岐に亘ってわかるのです。ただ、このGoogleCorrelationツールでは、関連キーワードを決定つけている理由が、検索需要のグラフが似ているものを呼び寄せるので、手本とならない場合が少なくありません。

 

 

「GoogleCorrelation」はこちら

 

 

 

キーワード需要の推移(時期変化)調査

 

調査するキーワードが時期、季節よってそれぞれどのような需要数があるのかを調査するツールを紹介しています。年中需要があるキーワードなのか、季節的なキーワードなのかを調べる為にも重要な指標となります。

 

 

「Googleトレンド」

 

WS000173

機能性

 

この無料のキーワード選定ツールはGoogleが提供するオフィシャルツールです。Googleの検索データから、国、地域によってトレンド変化があるのかを知ることができます。

 

 

このツールでの機能は、Googleトレンドのタイトルでもわかるように、トレンドが確認できるのですが、それだけの機能だけでなく、YouTubeで注目を集めている動画、人気急上昇している動画などをメールで配信するなど多様な機能を保持しています。

 

■ 「Googleトレンド」はこちら

 

 

「Kizashi」

 

WS000185

 

機能性

 

このツールはかなり独自性があり、調査したキーワードと一緒に利用されたキーワードをピックアップしてくれます。共起語に近いですね。また、その使われた頻度や回数を時間ごとに、グラフで表してくれています。

 

また、このツール自体、どんなようなキーワードが注目されているかを一覧で提示してくれて、それと一緒に活用されるキーワードも同時に表示してくれているのです。種類ごとに区別されていますので、自分がゲットしたい属性のキーワードにたどり着くことができるのです。

 

「Kizashi」はこちら

 

 

 

 

「cotoha.com トピックス」

 

WS000194

 

機能性

 

チェックしたいキーワードの、意味・ポリシーやキーワード重要の推移であったり、連想語を一覧として一度に記されてます。また分析したキーワードが含まれる、新着ニュースなども表示してくれます。Amazonやテレビなどチェックしたキーワードで検索した結果なども一度に示してくれるので、気になるキーワード等あれば、いろんな情報を一斉に手に入れることが出来るので便利です。

 

 

他にも、知恵袋や教えてgoo!などで、サーチした質問・回答なども一度に確認できます。全国のエリアごとの人気の高さなども表示してくれます。無料のキーワードツールにしては、ハイスペックですが、お宝キーワードを探す目的よりは、そのキーワードの情報についてまとめて把握したい時に応用が出来るでしょう。

 

「cotoha.com トピックス」はこちら

 

 

 

 

検索需要数(ボリューム数)調査

 

調査するキーワードがどのくらいの、検索需要数があるのかを調査します。検索需要数が多いほどアクセスを見込むことが出来るので、対策の立て方、優先順位などを調べることが出来きますね。

 

 

 

「Googleキーワードプランナー」

 

 

WS000221

 

機能性

 

GoogleキーワードプランナーはGoogleのアドワーズにあるツールの一種です。1ヶ月にどれだけの検索数があるのか、また広告費から比較して、どのくらいの競合性があるのかなど無料のキーワード選定ツールの中では、機能性も高くて実用的なキーワード選定ツールです。

 

 

ただ、Googleキーワードプランナーでわかる1ヶ月の検索数は明確には判別できず、キーワードを調査しても「100~1000の検索数」のように表示され、中途半端にしか判明しません。それでもデバイスごとの検索ボリューム数を調べることができたり、関連キーワードをピックアップすることが出来るので、無料のキーワードツールの中ではかなり優秀な機能を設けられています。

 

 

「Googleキーワードプランナー」はこちら

 

 

 

「aramakijake.jp」 検索需要数調査

 

WS000199

 

機能性

 

このツールでは、チェックしたいキーワードの検索需要数の予想リサーチをしてくれます。SEO業者が設置してるキーワードツールになります。いま月間検索需要数が的確に判断できないようです。

 

 

Googleキーワードプランナーでもかなり幅がある検索重要数でもあります。1,000~10000回のように、10倍以上の離れがあるところから考えたら、「aramakijake.jp」の方がはっきりしやすいように具体的な数をいくつか示してくれるのです。

 

 

「aramakijake.jp」はこちら

 

 

 

「Wikipedia article traffic statistics」

 

WS000217

 

機能性

 

このツールはサーチしたキーワードのウィキペディアサイトがいくら位閲覧されているのかを棒グラフにして、計算してくれます。月単位での表示をすることが可能です。

 

 

このツールは提供元が外国なので、英語で書かれているため、分かり辛いかもしれませんが、言語を「Japanese」に設定すれば問題なく確認することが出来ます。

 

 

「Wikipedia article traffic statistics」はこちら

 

 

 

 

「SEMrush Competitive Data」

 

WS000220

 

機能性

 

海外のキーワード選定ツールなのですが、日本語で設定することができるので心配ありません。自然な検索数であるオーガニックサーチの調査や、トレンド調査、CPCなどクリック単価まで総合的に項目として活かす事が可能です。

 

 

また、関連キーワードやワードが当て嵌まるキーワード等を算出して、それぞれのキーワードの検索ボリュームやCPCなど提示してくれます。

 

 

一つの調査でいろんな情報を一度に取得することが出来るメリットもあるんですね。

 

 

「SEMrush Competitive Data」はこちら

 

 

 

競合性調査

 

調査するキーワードで上位表示するにはどのくらいの、難易度なのかを調査してくれます。この競合性によって自分がそのキーワードで参入することが出来るのかどうかを考える一つの指標に出来ます。

 

 

 

「rishirikonbu.jp」 SEO難易度チェックツール

 

WS000200

 

機能性

 

チェックしたいキーワードの難易度を分かりやすいように数字で知ることができるようになっています。他にも、そのキーワードでの上位10サイトが、タイトル内にキーワードが含まれているかどうかと、そのキーワードで調査されて提示されるサイトがトップページかどうかを教えてくれます。

 

 

つまり、タイトル内にキーワードがあるならば、そのキーワードでの対策をとって上位表示をしているので、10に近いほどトップページ表示は難しい事が分かります。また、トップページにSEOが集中しやすいので、トップページでそのキーワードで上位表示するように対策されている際も上位表示が難しくなっていると考えられます。

 

 

「rishirikonbu.jp」はこちら

 

 

 

 

「キーワード難易度チェックツール」

 

WS000214

 

機能性

 

SEO業者が扱っている、難易度チェックツールにです。1~100で表示してくれて、100に近いほど困難になっています。単一キーワードでは数値が高くて、複合キーワードになるほど、数字が減ってきます。

 

 

また、月の検索需要数(検索数)と1位になった時にどの程度の検索数が入り込んでくるかの見込みを指し示してくれます。

 

 

「キーワード難易度チェックツール」はこちら

 

 

 

トレンドキーワード調査

 

トレンドキーワード調査では、今現在どのようなキーワードがよく検索されているのかを表示してくれるツールです。ここで紹介しているトレンド(流行)キーワードでは、調査したいキーワードに対して、どのように今現在語られていて、関連するキーワードはどのようなものなのかを調査してくれるキーワードツールになります。

 

 

 

「Yahoo!リアルタイム検索」

 

WS000215

 

機能性

 

Yahooのリアルタイム検索のツールでは、チェックしたいキーワードを入力すると、そのキーワードも合わせた、ツイートがリアルタイムで把握することが出来ます。さらに、細かい時間帯ごとのツイート数の推移を知ることができるのです。

 

他にも、このツイートはどのような気持ちが含まれたツイートなのかも報告してくれます。

 

 

 

「Yahoo!リアルタイム検索」はこちら

 

 

「Googleトレンド」

 

WS000223

 

機能性

 

Googleトレンドは2回目の紹介になりますが、このツールはかなり使い勝手が良く、トレンドキーワードについても調査が出来ます。チェックしたいキーワードに関するトピックや関連キーワードなどのキーワードが急上昇している単語を調査することが可能です。

 

 

無料ツールとしては、非常に優秀な部類のツールですので、有効的に利用したいところです。

 

 

■ 「Googleトレンド」はこちら

 

 

 

 

 

以上がキーワード選定ツール20選一覧になります。無料(フリー)の場合、一つ一つ必要な項目ごとに違うサイトで調査しなければならないので、ある程度自分でルーティンを決めておいた方がいいでしょう。

活用例


無料(フリー)のキーワード選定ツールのみで有効活用する方法の一例を紹介します。

 

 

自分のテーマであるキーワードをサジェストワードや共起語、連想語といった関連語の抽出ツールで様々な角度から、自分に必要なキーワードを「①サジェスト・関連語抽出」から取得してきて、取得してきたキーワード候補を、「④競合性調査」で競合度を調査して、自分がどのレベルまで参入することが出来るのかどうかを打診します。

 

 

自分が参入出来そうな難易度のキーワードを「②キーワード需要の推移(時期変化)調査」「③検索需要数(ボリューム数)調査」のツールで実際に検索需要数と、季節・時期需要数を調べて、自分にとって重要だと思ったのをキーワードとして活用するのです。

 

 

 

上記の方法はあくまでも一例ですが、キーワード選定する際に有効な一つの手段になりますので、参考にしてください。

有料キーワード選定ツールの有効性


有料で販売されているキーワード選定ツールの場合、上記の過程をすべて自動で一括で行ってくれ、更にライバルが少なくて、狙い目が分かるような機能が搭載されているので、アフィリエイト活動をビジネスにしようと思っている人は、確実に有料のキーワード選定ツールを一つ手元に置いておくべきですね。

 

 

時間短縮はもちろんのこと、稼げるキーワードを見つけ出す範囲が、物凄い大きいのです。無料のキーワードツールから、有料のキーワードツールへのシフト変更は、アフィリエイト作業をするにあたり、時間を短縮して、報酬を上げる為の一つの有効な手段になりますね。

 

 

有料のキーワード選定ツールでも様々なツールが販売されているなかで、おすすめ出来る優良のキーワードツールはわずかですが、いくつかあるので紹介します。

 

 

  • 安価でキーワード選定ツールに特化している高機能ツールの「キーワードスカウターS
  • キーワード選定ツールで最も機能性が搭載されているツールの「Pandora2
  • 通常キーワード選定機能に加え、検索順位機能も搭載されたツールの「コンパス

 

 

上記の3つは、数ある有料のキーワードツールの中でも、抜群におすすめ出来るキーワード選定ツールですね。

 

 

 

キーワード もくじ

 

 

タグ :

無料キーワードツール   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: