キーワード選定 ツール オススメ

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

おすすめキーワード選定ツール星4つ(★★★★☆)

読了までの目安時間:約 4分

[最終更新日]  

ここでは、数多くあるキーワード選定ツールの中で、コストや機能面を比較して、五段階評価のうち星4つであるおすすめ出来るキーワード選定ツールを紹介していきます。

 

 

ここで紹介しているのは、確かに最高評価ではありませんでしたが、それぞれ特徴を持っているツールなので、こちらのツールの方がマッチする人もいるかと思います。ツールの概要と他ツールと比較してどうなのかを解説しています。

 

EWA(イージー・ワーズ・アナリティクス)

 

概要

 

EWA(イージー・ワーズ・アナリティクス)は基本的なキーワード選定ツールは搭載されており、特徴として検索キーワードでの上位・ライバルサイトの共起語、Hタグ、出現キーワード、被リンク、発リンク、文字数等数値化で表して、徹底調査をしてくれます。

 

 

他ツールとの比較

 

EWA(イージー・ワーズ・アナリティクス)はライバルサイト調査に一番優れており、記事内部までの調査が出来ます。しかし、他のキーワード選定ツールと比較して割高に当たりますね。

 

■ EWAの詳細はこちら 

 

 

 

キーワード発掘ツール『ももんが』

WS000147

 

概要

 

ももんがはキーワード選定ツールの中でもとても軽くてシンプルで、稼げるキーワードが分かりやすいです。また、ももんがの特徴としては、五段階評価で一目でわかりやすく評価してくれる機能があったり、コストパフォーマンスにも優れています。

 

 

他ツールとの比較

 

ももんがは、キーワード選定ツールの先駆者のような存在で、発売されたのがかなり昔です。そのため、今の市場では他のキーワード選定ツールと比較すると機能面で劣る部分が多いです。後、価格はかなり安い部類に入りますが、キーワードスカウターSの方が安いです。

 

■ ももんがの詳細はこちら 

 

 

 

 

Brownie(ブラウニー)

WS000149

 

概要

キーワード選定ツールのブラウニーは機能性が高くて、必要な機能は一通りそろっています。ブラウニーには、機能がフルに備わっているバージョンといくつか機能を使えないライトバージョンに分かれています。

 

 

他ツールとの比較

このツールの価格は「パンドラ2」と同価格程ですが、機能面を比較してもPandora2には及ばないです。キーワブラウニーだけの特徴としては、キーワードの収集元が一番多いため特にバラエティに富んでいるキーワードを取得しやすいですね。

 

■ Brownie(ブラウニー)の詳細はこちら 

 

 

 

タグ :

五段階評価   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: