Google トレンド キーワードプランナー

キーワード選定ツールのおすすめ・レビュー専門サイト!

Google トレンドの弱点をキーワードプランナーで補う方法

読了までの目安時間:約 8分

[最終更新日]  

Google トレンドを使ったことがないという方のために、

 

 

 

少しだけ使い方を説明しておきます。

 

 

 

人気度の動向というグラフ、地域別人気度のほか、

 
関連キーワードなどが表示されます

 
トレンドアフィリにおいて、この Google トレンドでキーワードを調べる場合、

 

 

 

人気度の動向グラフは、キーワードを判別するための指標となりますので、

 

 

 

Googleトレンドを使用する場合人気度の動向グラフが主に使っていく機能となります

 

 

 

サイトの画面上部に、「Search Google Trends 」があります

 

 

 

 

この枠内にキーワードを入力し、検索することで

 

 

 

そのキーワードのボリュームを調べることができます。

 

 

 

例えば、祭りというキーワードについてGoogleトレンドで検索すると、

 

 

 

お祭り

 

 

 

 

 

 

 

この結果からわかるのは祭りというキーワードで検索される数のピークが

 

 

 

7月で4月頃から検索される数が増えてくることがわかります(グラフの山の頂点のところが7月という表示でした)

 

 

 

 

 

では7月に自分の書いた祭りの記事が上位表示すればアクセス数が流れてきます

 

 

 

そのためには祭りの記事を3,4か月前に記事を書くことによりキーワードが上位表示しやすくなるはずです

 

 

ミドルレンジキーワードでは3か月は上位表示するまで、時間的にはかかってしまうので

 

 

 

それを想定して対策を練ることができるのです

 

 

 

ミドルレンジキーワードとは毎年決まった時期に検索需要が急増するキーワードのことを指します

 

 

Googleトレンドのデメリット

 

 

上記の画像のようにどの時期に検索数が増えるなど何年も通して大きく広く検索する傾向を知ることができます

 

 

 

しかし、グーグルトレンドにも大きな欠点があります

 

 

 

実は、傾向はわかるのですが、そのキーワードが一日にどのくらい検索されているのか、

 

 

月間検索平均はどのくらいなのかと、具体的な検索数がわからないのです

 

 

 

どの時期に一番検索される数が多いとはわかるのですが、数が分からなければまた使い方も変わってしまうでしょう

 

 

 

例えば、祭りと同じように7月に検索需要が高まる『浴衣』のキーワードですが、

 
浴衣

 
これは上記の『祭り』と検索需要の傾向は同じように見えますが、実はかなり検索数で言うと数が違ってくるのです

 

 

ではどうやって検索数の数を具体的に調べるのかと言うとキーワードプランナーというツールを使うことで

 

 

 

調査することができます

 

 

 

キーワードプランナーで両方のキーワードを調べてみましょう

 

 

 

キーワードプランナーで、『祭り』で検索すると、

 

キーワードプランナーで『浴衣』で検索すると、
浴衣
これを見てもらえばわかるかと思いますが月間平均検索ボリュームが

 

 

『祭り』が2万7千に対して『浴衣』が20万と10倍近く検索数が違うのです

 

 

 

同じ時期にアクセス数が上がることは同じなのですが、浴衣の検索需要数の方が圧倒的に多いのです

 

 

 

これでわかることは、実際にアフィリエイトサイトでアクセス数が欲しいのなら祭りで

 

 

 

上位表示させるより浴衣で上位表示を目指した方が圧倒的にアクセスが来るということです

 

 

 

Googleトレンドには、検索需要が立ち上がる時期を正確に予想できて、何年にもわたって傾向がみれるので

 

 

 

それが年々検索需要の増減がわかるのでそのキーワードはこれか使っていくことができるのかどうかが分かるメリットがあり、

 

 

 

キーワードプランナーには、毎月の月間検索数を把握できるという機能があり、更に一年分なら検索需要時期もわかります

 

 

 

この二つを駆使することによりこれから先も使っていける需要のあるキーワードが分かるようになるのです

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐためにはツールを上手く利用していくことはとても大切なので

 

 

 

この二つのツールは必ず利用価値があるツールなので利用していきましょう

 

 

タグ :

キーワードツール   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: